『おこと教室』の看板をみて、つい「男教室」と読んでしまうことがある
ように、この看板を見て、「fuck」と読んでしまう人はいないのでしょう
か。そんなことを考えてしまう自分が怖い。